水でハッピーになろう!
浄水器や水道水の疑問解決! トップページに戻る
危ない!水道水の危険性
おすすめ天然水ウォーターサーバー
世界一厳しいヨーロッパ品質の天然水 島根 宝の天然水 先着300名様キャッシュバック!
水、いろいろ
硬水・軟水?!軟水・硬水?!
マイナスイオン水などの話題の水マイナスイオン水とは?話題の水
ミネラルウォーターの秘密?!ミネラルウォーターの秘密
水で健康ライフ
水飲み健康法とは?血液ドロドロ?水と人の関わり
水飲み健康法・水飲みダイエット水飲み健康法・水飲みダイエット
危ない!水道水の危険性!
水道水とやってくる危険水道水とやってくる危険
鉛・塩素・トリハロメタン鉛・塩素・トリハロメタン
浄水器の選び方と使い方
浄水器いろいろ浄水器いろいろ
失敗しない浄水器選び失敗しない浄水器選び
浄水器の上手な使い方浄水器の上手な使い方
浄水器や水道水?!教えてQ&A
水についてのマスコミ記事浄水器や水道水?!教えてQ&A
水についてのマスコミ記事
水についてのマスコミ記事水についてのマスコミ記事

水道水とやってくる危険

あなたの水も発ガン性!水質汚染の実態

水道水は安全だと思っていた!
「日本の水道水は世界一安全だ」と言われてきました。
しかし、私たちの生活環境が変化するに従って、今までの浄化システムでは、十分に浄化しきれなくなってきているのが現状です。
若い人の間では「水道離れ」が進み、水道水の意識も変わってきました。
朝日新聞
生活排水や農業用水によって河川や海、地下水が汚染され、上水場ではそれを取り除くために、どんどんと塩素を投入します。水源の状態によって、投入する量も毎日変わるので、残留塩素の量も日によって違います。
最近では、この残留塩素が発ガン性物質であるトリハロメタンの発生原因となることが分かりました。塩素の消毒は、上水場内で2回の行程で行われる方法が一般的なので、それだけ残留塩素の量が多いということになります。
また、農薬に関しては、「それぞれの基準をクリアすれば、総農薬数の量は検査しない」といったような検査方法の問題も言われています。一部の地域では、総農薬数で検査をする方法がとられていますが、対応は各上水場にゆだねられている現状では、むずかしいと考えられます。
大阪府では、新しい浄水システム「高度浄化システム」を取り入れていますが、それでも、すべての問題の解決は行えていない状態です。
それには、担当行政が違うなどの区分の問題が、ますます対応を遅らせているのです。

<水質汚染の現状>
日本経済新聞
西日本新聞
こんなに水道水は危険なんだぁ!日頃の生活排水にも気をつけなくちゃ!
では、具体的に、どのような物質が、問題となっているのでしょう。
今、大変問題となっている「塩素」「鉛」「トリハロメタン」について、 紹介します。
次のページへ
危ない!水道水の危険性! 塩素・鉛・トリハロメタン>>

ハッピーウォーター