水でハッピーになろう!
浄水器や水道水の疑問解決! トップページに戻る
浄水器や水道水?!教えてQ&A
おすすめ天然水ウォーターサーバー
世界一厳しいヨーロッパ品質の天然水 島根 宝の天然水 先着300名様キャッシュバック!
水、いろいろ
硬水・軟水?!軟水・硬水?!
アルカリイオン水などの話題の水アルカリイオン水とは?話題の水
ミネラルウォーターの秘密?!ミネラルウォーターの秘密
水で健康ライフ
水飲み健康法とは?血液ドロドロ?水と人の関わり
水飲み健康法・水飲みダイエット水飲み健康法・水飲みダイエット
危ない!水道水の危険性!
水道水とやってくる危険水道水とやってくる危険
鉛・塩素・トリハロメタン鉛・塩素・トリハロメタン
浄水器の選び方と使い方
浄水器いろいろ浄水器いろいろ
失敗しない浄水器選び失敗しない浄水器選び
浄水器の上手な使い方浄水器の上手な使い方
浄水器や水道水?!教えてQ&A
水についてのマスコミ記事浄水器や水道水?!教えてQ&A
水についてのマスコミ記事
水についてのマスコミ記事水についてのマスコミ記事


浄水器や水道水?!教えて!Q&A
危険物質の疑問、浄水器の疑問を解決!
ミネラルウォーターがおいしいのはなぜですか?
ミネラルウォーターの中には、カルシウムなどの成分が程良く含まれ、冷やして売られているので、「おいしい!」と感じることが多いようです。実際には、水源地など特定ができず、処理方法もそれぞれなので、「安全でおいしい!」とは言い切れません。
ミネラルウォーターが危険??
水道水は安全!と言われているのに、なぜ対策をしなくては行けないの?
水道局では、とても厳しい水質基準で検査をし、みなさんに安全な水を供給しています。しかし、水質汚染の内容も薬品などの発達とともに、予測できないほど急速に変化しているのです。それらに対応するため、毎日研究をしていますが、追いついていないのが現状です。その他にも、一般家庭内やマンション内の貯水庫・給水管の老朽化や腐食化によって、水道水が汚染されているのです。これらの水道設備は持ち主の負担となるので、交換が進まないのです。また、安全な水が、おいしくて健康な水ではないことも知っておかなければいけません。
水道水とやってくる危険
残留塩素ってなに?なぜ、水道水に入っているの?
水源からの水を安全にするために、浄水場では塩素による消毒を行っています。一般的な方法では、塩素の投入を2回行うため塩素が水道水にまで残り、カルキ臭の原因になったりするのです。これが、残留塩素です。水源の汚染が進んでいるところほどたくさんの塩素を投入するので、残留塩素の量も増えてしまいます。
塩素、鉛、トリハロメタン
 
トリハロメタンって、沸騰させればなくなるって聞いたのですが・・・。
トリハロメタンは、水温が高いほどたくさん発生をします。トリハロメタンをなくすためには、15〜20分の間、沸騰をさせつづけなければなりません。沸騰した直後に火を止めてしまうと、トリハロメアンをますます発生させ、一番危険な状態になってしまうのです。
塩素、鉛、トリハロメタン
浄水器と活水器、整水器って、どう違うの??
一言で言えば、すべて"浄水器"です。その中でも、活水器は、浄水器+αで水を活性化する機能を持っているものと言えます。例えば、地球と同じように磁石の力を利用した浄水器などは、活水器と呼ばれます。また、アルカリイオンのように水を調節して整える機能を持っているものは、整水器と呼ばれます。
浄水器いろいろ
浄水器の値段って、なぜこんなに差があるの??
浄水器は、基本的に高い買い物と考えてください。例え浄水器本体の値段が安くても、蛇口直結型のようなタイプだと月に一度のカートリッジ交換など考えると、年間6万円近くかかることになります。ところが金額が高いものは、上質で多量のフィルターを使用しているので、その期間が長く交換が少なくて済むのでランニングコストがグッと抑えられます。良質で大量なフィルターの効果も抜群です。トータルコストや総合的な判断で、浄水器を選択しましょう。
失敗しない浄水器選び
アルカリイオン水とマイナスイオン水って、どう違うの?
同じです。アルカリイオン水には、マイナスイオン水・還元水など様々な名前があります。電解をしたもので飲むことができる水は、すべてアルカリイオン水なのです。
良い浄水器を見分ける方法は?
活性炭やろ材の多い製品は、浄水能力が高い浄水器と言えます。フィルターの大きさなどを見せてもらい、多いものを選ぶのが正しい選択と言えます。
浄水器でお湯を使っては、いけないのですか?
浄水器には、活性炭が入っており、この活性炭の一つ一つが銀によってコーティングされています。お湯を通すことで、この銀が溶けだしてしまいます。銀が体内にはいるととても危険ですので、絶対にお湯を通してはいけません。
しかし、一部の浄水器では、特殊な加工によってお湯を通すことができるものがあります。 説明書などをしっかりと確認しましょう。
失敗しない浄水器選び
次のページへ
水についてのマスコミ記事>>
ハッピーウォーター