水でハッピーになろう!
浄水器や水道水の疑問解決! トップページに戻る
水についてのマスコミ記事
おすすめ天然水ウォーターサーバー
世界一厳しいヨーロッパ品質の天然水 島根 宝の天然水 先着300名様キャッシュバック!
水、いろいろ
硬水・軟水?!軟水・硬水?!
マイナスイオン水などの話題の水マイナスイオン水とは?話題の水
ミネラルウォーターの秘密?!ミネラルウォーターの秘密
水で健康ライフ
水飲み健康法とは?血液ドロドロ?水と人の関わり
水飲み健康法・水飲みダイエット水飲み健康法・水飲みダイエット
危ない!水道水の危険性!
水道水とやってくる危険水道水とやってくる危険
鉛・塩素・トリハロメタン鉛・塩素・トリハロメタン
浄水器の選び方と使い方
浄水器いろいろ浄水器いろいろ
失敗しない浄水器選び失敗しない浄水器選び
浄水器の上手な使い方浄水器の上手な使い方
浄水器や水道水?!教えてQ&A
水についてのマスコミ記事浄水器や水道水?!教えてQ&A
水についてのマスコミ記事
水についてのマスコミ記事水についてのマスコミ記事

水で健康になろう!
参考にしたマスコミ記事の紹介
参考文献
「トコトンやさしい水の本」 谷腰欣司著(日刊工業新聞社)
「一生を決める一杯の水」 安井昌之著(中経出版)
「おいしい水 安全な水」 左巻健男著(日本実業出版社)
「新 水の常識」 水問題研究会著(史輝出版)
「わかりやすい浄水・整水・活水の基礎知識」 久保田昌治・野原一子著 (オーム社出版局)
「名水の旅 100選」 南正時著(淡交社)
「水でもっと血液サラサラ」 (別冊宝島)
「みんなで考える飲み水のはなし」 アクア研究会著(技報堂)
「水のふしぎ発見」 平沢猛男著(山海堂)
「水で健康になる!〜体にいい水、悪い水〜」 松下和弘著(実業之日本社)
「磁気力-活性磁化水の秘密」 藤本憲幸・安田光昭著(文化創作出版)
「飲む水出る水 水の健康法」 太田雅子・安田三弥・河野友美著(農文協)
「この水で活つ」 渡辺勝行著(現代書林)
「飲料水を考える 水道水とつきあうために」 和田洋六著(地人書館)
毎日新聞 2003年4月20日付
ミネラル水 19品からアルデヒド類 水質基準に甘さ
横浜市衛生研究所が、国内で販売されているミネラルウォーターの一部から、化学物質のホルムアルデヒドやアセトアルデヒドを検出していことが分かった。同市の水道水の実績値と比べ、80倍以上の製品もあったが飲み続けても人体に影響が出る量ではないという。ミネラルウォーターの水質は食品衛生法に基づく基準があるが、水道水に比べ基準項目が少ない。
ページのトップへ
朝日新聞 2001年4月7日付
水世論調査 若い層に強い不信感
国民の「水道離れ」が朝日新聞社の世論調査でくっきりと浮かび上がった。水道の水をそのまま飲まない人が半分近くのぼり、女性、若者、東京や大阪など都市生活者ほど割合が高くなる。おいしくないというだけでなく、水質が安全かどうか不安だというのも理由のようだ。飲み水という暮らしの基本に対する安心がぐらついている。
ページのトップへ
日本経済新聞 1999年7月8日
42ごみ処分場 水質汚染
厚生省が昨年三月、設備や構造が「不適正」とした全国538カ所の一般廃棄物最終処分場のうち、42施設で周辺の地下水などの水質の環境基準を上回っていたことが七日、厚生省の調査で分かった。
処分場が汚染源と特定できないケースもあるが、鉛やヒ素、大腸菌などが基準値の数倍から数十倍単位で検出された。
ページのトップへ
西日本新聞 2001年1月13日
地下水汚染 浄化進まず  353地点環境基準越す
有害物質による地下水汚染の状況について環境省が調べたところ、環境基準を超える汚染が全国1794地点で確認され、浄化対策が十分に進んでいないことが分かった。九州・山口八県では353地点と、全国の二割を占めた。汚染物質の中には発ガン性の疑いも指摘されたものも含まれるだけに、有効な浄化対策が急がれている。
ページのトップへ
毎日新聞
水道水で食品のビタミン損失
野菜や米、レバーなどの食品を水道の水で洗う時、時間をかけると食品中のビタミン類が10%から30%も損失することが、星薬科大学・薬品分析化学教室(今枝一男教授)の分析で明らかになった。原因は殺菌役の塩素が食品中に侵入、ビタミン類を破壊するためという。料理前の食品の水洗いは短時間にするのがコツのようだ。
ページのトップへ
朝日新聞 2001年5月8日
鉛の水道管 交換進まず 全国の850万世帯
人体に有害な鉛が水道水に溶けたす鉛製水道管が、他の材質に取り替えられず、国内にまだ約850万世帯分以上に残っている。このままでは鉛の水道水質基準が現行の5倍厳しくなる予定の03年に間になわないとして厚生労働省は、鉛を取り除く家庭内浄水器の研究や自衛策の呼びかけなど別の鉛対策を検討し始めている。
ページのトップへ
日本水道新聞 2001年4月16日付
朝一番の水は飲用以外に
停留水では布設延長が短い場合は基準値超過は少ないものの、3,1メートル以上では超過戸数は割合が高くなることを明らかにし、停留水対策が必要になることから、鉛管使用の家庭に対し「朝一番の水が飲用以外に使う」ようPRしていくと強調している。
ページのトップへ
聖教新聞 1998年9月19日付
塩素系化合物 胃がん促進の可能性
水道水に塩素殺菌で発生する有機塩素系化合物が胃がんを促進する可能性が高いことを国立医薬品食品衛生研究所がラットを使った実験で突き止めた。
ページのトップへ
読売新聞 1998年2月19日付
流産の危険性、米で指摘 トリハロメタン-水道水に含有
有害化学物質トリハロメアンを含む水道水について、現行の基準値以内であっても妊娠中の女性が大量に飲んだ場合、流産する可能性が高くなる-こんなショッキングな調査結果が米カルフォルニア州健康局の健康影響調査でまとまり、18日、公開された。
ページのトップへ
ハッピーウォーター