水でハッピーになろう!
浄水器や水道水の疑問解決! トップページに戻る
危ない!水道水の危険性
おすすめ天然水ウォーターサーバー
世界一厳しいヨーロッパ品質の天然水 島根 宝の天然水 先着300名様キャッシュバック!
水、いろいろ
硬水・軟水?!軟水・硬水?!
マイナスイオン水などの話題の水マイナスイオン水とは?話題の水
ミネラルウォーターの秘密?!ミネラルウォーターの秘密
水で健康ライフ
水飲み健康法とは?血液ドロドロ?水と人の関わり
水飲み健康法・水飲みダイエット水飲み健康法・水飲みダイエット
危ない!水道水の危険性!
水道水とやってくる危険水道水とやってくる危険
鉛・塩素・トリハロメタン鉛・塩素・トリハロメタン
浄水器の選び方と使い方
浄水器いろいろ浄水器いろいろ
失敗しない浄水器選び失敗しない浄水器選び
浄水器の上手な使い方浄水器の上手な使い方
浄水器や水道水?!教えてQ&A
水についてのマスコミ記事浄水器や水道水?!教えてQ&A
水についてのマスコミ記事
水についてのマスコミ記事水についてのマスコミ記事

塩素・鉛・トリハロメタン

塩素・鉛・トリハロメタンが含まれる危険な水道水を安全にするために

■ 塩素-カルキ臭の原因!ビタミンも破壊の殺菌力!
水道水には、多くの残留塩素が含まれています。この残留塩素は、浄水場での殺菌に使用した塩素や、水道水が家庭の給水管に入るまでの間に細菌などが繁殖しないようにするための塩素が残ったものです。この残留塩素が、水道水を安全に保つと同時に、カラダにとってはとても危険な物質となっているのです。
1、すべての原因は、塩素だった!
<カサカサ肌の原因>
水道水の塩素は、髪や肌のタンパク質を壊し、細胞に大きなダメージを与えます。肌の保水力や保湿力を低下させ乾燥肌やアトピー性皮膚炎悪化の原因とも言われています。
<まずい水の原因>
塩素が水中のアンモニアと反応し、あのイヤなカルキ臭となります。水道水をまずくしているのは、このカルキ臭です。水道水を汲み置きしておき、2〜3時間放置しておくとこの臭いは消えます。
<ビタミンを壊す原因>
水道水で、野菜・米・レバーなどの食品を洗うと、ビタミンの10〜30%が損失することが、星薬科大学の分析で明らかになりました。塩素が食品の細胞に入り込み、ビタミンを壊すことが原因です。
キャベツの千切りを氷水などにつけるとシャキッとすることは料理のコツとして知られていますが、この方法だとどんどんとビタミンが破壊されていくのです。また、干し椎茸を戻す際などのつけ置きも、多くのビタミンがなくなってしまうのです。
毎日新聞
肌カサカサ(アトピーの原因にも!)ビタミンも崩壊!
2、塩素を取り除く方法
まず、塩素の水に長時間あたらないことが大切です。他には、塩素を取り除く浄水器やシャワーヘッドの変更をするしか有効な方法はありません。
■ 鉛-使用禁止の鉛管。日本列島、鉛管がいっぱい?!
鉛は、水道水を運ぶ水道管に多く使われていました。しかし、鉛が溶け出すなどの危険性から現在、使用禁止になっています。
しかし、全国の家庭のうち4件に1件は、未だに鉛管を使用してあります。すべての鉛管を取り替えるには、大変時間がかかります。
また水道管から、各家庭に給水される給水管にも鉛管が使用されていていることが多く、各家庭内の取り替え費用は、個人の負担で交換しなくてはいけません。
朝日新聞
1、鉛がカラダに入ると・・・。
鉛は水に溶けやすく、一度カラダに入ると、外に出にくい物質です。少量でも、どんどんと貯まっていくのが、鉛なのです。
鉛が貯まっていくと、脳炎・痴呆・腎臓障害を起こす原因になり、他にも、不眠・疲労感・頭痛・消化管障害などを引き起こします。
一番問題とされているのが子供の脳への影響で、学力低下・記憶力低下の原因です。
2、鉛を防ぐ方法
鉛の給水管を使用している場合、水道水を使用していない時間に滞留水にどんどんと鉛が溶けだしていきます。溶けだした量が、一番厳しいと言われているアメリカの基準値の110倍もの量を越えていたという報告もあります。これらのことから、朝一番の水道水は絶対に飲まないように、水道局で指導を行っています。
日本水道新聞

しかし、たとえ流し水をしたからと言って完全に除去できる訳ではありません。給水管をすべて取り替える、または、鉛除去ができる浄水器を購入が有効な方法です。
しかし、 安価な蛇口直結型の浄水器では、鉛除去が完全にできないこともあり、浄水器選びも慎重に行わなければなりません。
→失敗しない浄水器選び
日本列島は、鉛管がいっぱい残っています。でも、すべてを取り替えるのは、大変お金がかかります。
■ トリハロメタン-発ガン性物質で、流産の可能性も!危険な除去方法!
トリハロメタンは、浄水場で塩素殺菌を行う際に発生する発ガン性物質です。水源が汚染されている場合、多くの塩素を投入するので、それだけ多くのトリハロメタンが発生する可能性が多くなります。
しかし、現状では、塩素による消毒が欠かせず、水質の悪化がエスカレートする一方なので、トリハロメタンを抑える方法は、水を使用する側で対策をしなくてはいけません。
1、発ガン性や流産の危険まで!
トリハロメタンは、発ガン性物質です。カラダに入るだけで、中枢神経や腎臓、肝臓といった器官にも、重大なダメージを与えることが分かってきました。トリハロメタン類の摂取は、アトピー性皮膚炎の悪化、喘息の悪化、集中力の低下、疲労感、イライラなど特定できない症状があらわれます。
最近では、トリハロメタンの含まれる水道水を毎日飲んでいると、流産率が15%もアップすることがわかりました。
聖教新聞
読売新聞
2、トリハロメタンを防ぐ方法
トリハロメタンを防ぐには、今のところ個人対策をする以外の方法はありません。トリハロメタンを取り除く方法は3つ。「オゾン消毒」「煮沸消毒」「浄水器の使用」です。
まず、オゾン殺菌は、個人宅で行うのは難しいです。
次に煮沸消毒は、沸騰した状態で15〜20分続けることでトリハロメタンは、なくなります。
最後に、トリハロメタン除去可能な浄水器を取り付けることです。
沸騰が危険!トリハロメタン除去の誤解!
「沸騰をさせれば、大丈夫」 が一番危険なのです。
トリハロメタンは、沸騰状態で一番発生がしやすい状態となり、普段の2〜3倍の量となります。15〜20分の沸騰を続けて、やっと取り除くことができるので、沸騰してすぐに火を止めるのは、無意味であると同時に「危険」でもあるわけです。
沸騰が危険!トリハロメタン除去の誤解!
次のページへ
浄水器の選び方と使い方 浄水器いろいろ>>
ハッピーウォーター